ピースの会 夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

昨日は、夫婦の心理研究家 下木修一郎カウンセラーのセミナーでした。

夫婦関係が今よりもっとラクになる方法セミナー全6回の第3回です。

夫婦相談の現場からということで、講師は夫婦問題のカウンセラーが登壇しています。

 

第3回は「結婚生活を変える ラブレターの書き方セミナー」

img_6689

 

下木修一郎カウンセラーは夫婦関係の修復を希望される女性を中心にカウンセリングを行っていますので、谷底や闇や迷路に入ってしまった妻から夫に対する感謝謝罪の気持ちを引き出すプロフェッショナルです。

そこに愛着と二人の未来を思い描いたものをプラスし心のこもったラブレターに仕上げていきます。

 

夫は多くの年月時間を会社という社会で過ごしているので、どうやら自分の妻に対する貢献度を知りたいようです。

自分が妻にしたことの何がどのように感謝されているのか具体的に言葉で伝えないとわからないようです。

妻が良く口にする「感謝の言葉が欲しい」「ねぎらって欲しい」のさらに上をいかなければいけないわけです。

というのも男性全般は女性の言葉の奥や裏を読み取ることが苦手なためにストレートに具体的に言ってもらわないとわからないということでしょう。

 

感謝を伝えるために夫のことをよーく思い出してみる。

夫からしてもらったこと、どんな些細なことでもしてもらったことを思い出す。

反対されなかったこと、好きにさせてくれたこともしてくれたことになる。

夫の目線で、どんな気持ちでしてくれたか考えてみる。

 

謝罪は、夫の貢献を受け取らなかったこと、当たり前だと思っていたことを考え謝罪する。

その時の夫の気持ちを想像して伝える。

 

そんなことを考えているうちに、忘れかけていた、封印していた愛着がむくむくと頭を出してきます。

それをまたまた具体的にどこがどんなふうに好きだか伝える。

 

まとめの未来、未来を想像するのは難しいですが、ここで「その手があったのか!!」とアッと驚く秘策を伝授してもらいました。

お伝えしたいところですが、これはまた全国でも講演される下木修一郎カウンセラーの「結婚生活を変える ラブレターの書き方セミナー」でお聞きください。

 

ご参加の皆様からたくさんのご感想をいただき、ありがとうございました。

 

来月は7月25日(月)10:00~11:30 ウィルあいち セミナールーム3

夫婦問題カウンセラーでありファイナンシャルプランナーでもある竹内みどりカウンセラー

~お金も増えて夫婦円満~

「知って得する確定拠出年金!セミナー」です。

 

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーンHP

 

 

 

 

 

 

Pocket